■プロフィール

U39(ゆーさく)

Author:U39(ゆーさく)
[About me]
・横浜生まれ
・天秤座のA型
・183cm / 72kg
・横浜で働く翻訳者

[2015年の予定]
・2015年も、自分史上最高のイタリア語力・英語力を身につける。

[近況]
・アメリア会員
・イタリア文化会館(東京)でイタリア語学習中

[キャリアアップ名言]
・その日、その日が1年の最善の日である。
・失敗をおそれることよりも、むしろ失敗をおそれるがために挑戦しないことをおそれるべきだ。
・奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない。
・一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■最新トラックバック

■カテゴリ
■FC2カウンター

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
英会話タイムトライアル
2012年はNHK英語が変わる!

2012年春は、NHKの英語講座がリニューアルするようだ。

国際標準として注目を集めているCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のレベル分けに対応して、2012年度から、NHK英語講座を6つのレベルに再編成するらしい。要は、「学ぶ英語」から「使う英語」へということだろうか。

新講座の「英会話タイムトライアル」は、あのスティーブ・ソレイシィさんが担当する。放送は各回10分で、週5日あるようだ。

私は以前からソレイシィさんがNHKのラジオ講座を担当されることを願っていたのだが、それがついに実現する。ソレイシィさんは、英語を運用するということに視点をおいていらっしゃる方なのでこの講座は期待大だ!



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ラジオ英会話 | 20:13:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
2011年度NHKラジオ英語講座
2010年4月から聴き続けてきたNHK英語講座「ラジオ英会話」も本年度が終了。毎日聴いていたわけではなく、ストリーミング(インターネットでの音声配信)放送で学習し、途中さぼったこともあったがなんとか最後までたどりつけた。



もちろん、ラジオ講座はただ放送を聴いているだけでは意味が無いので、テキストのダイアログで取り上げられた重要表現などは「フラッシュカード」にして覚えるようにしてきた。

◆フラッシュカードの記入例
-------------------------------------------------
<カード表>
・何かアドバイスをいただけますか?


-------------------------------------------------
<カード裏>
・Do you have any pointers for me ?

※依頼の表現。定番の表現としてDo you have any advice for me?がある。
pointerもadviceも同じ意味だが、どこか気楽でフレンドリーな響きで好まれている。

-------------------------------------------------


このようにテキストで出てきた表現をフラッシュカードにしていったら1年でかなりカードが増えた。

※ここにあるカードはラジオ講座で取上げられた表現だけをまとめたものだけでなく普段の学習で出てきたものも含まれている。


カードは常に携帯し、即答できるまで何度も繰り返すことが重要であり、カードの枚数が増えてきたということだけで満足してはいけない。カードに書かれている内容が知識として頭の中に記憶されてこそ意味があるので、カードづくりに熱意をかけすぎないことが大事。カードを作っている時間というのは勉強時間ではなくたんなる作業時間でしかない。とにかく繰り返しカードをチェックして即答できるまで繰り返し覚えるようにしている。


いよいよ明日28日から新年度のNHK英語講座が始まるが、今年度は以下の2講座を聴くことに決めた。






両講座とも4月号はCDも購入してみた。新番組となる「攻略!英語リスニング」は、すでにCDを聴いて4月放送分は学習し終えた。番組の中では「ヴィジュアライズ」の手法が採りあげられており、問題もTOEICのPart3、Part4形式と同様なのでTOEIC対策としても大いに役に立つと思われる。一方の「入門ビジネス英語」は15分という時間の講座にしてはすこしボリュームがあると思われるが、講師が一流講演家の同時通訳者である関谷英理子さんなのでこちらも興味深い。


世の中はたくさんの英語教材であふれているが、「一般的な英語学習」という観点から言えば、安くて、手軽で、質が高く、毎日放送があるNHKの語学講座が結局一番効果的なのではないだろうか。効果的に活用したい。




人気ブログランキングへ

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ラジオ英会話 | 22:00:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
来年度NHK英語講座と英検1級対策として
◆来年度NHK英語講座
今年度のNHK語学講座は『ラジオ英会話』を聴いているが、12月と1月はほとんど聴くことが出来なかった。そのため、2月からは再び気持ちを入れ替えラジオ英会話を聴いている。そんな中、つい先日、来年度のNHK語学番組のラインアップが発表された。

近頃の日本企業において、社内英語化の動きが進んでいる影響からか、来年度の講座はビジネス向けに強化しているのが特徴のようだ。個人的に興味がある講座は新番組の『攻略!英語リスニング』という講座。この番組は英語の資格試験対策にも使える実践な講座になっているらしい。また、来年度の『入門ビジネス英語』講座は今年とは違い内容が一新するようなのでこちらにも興味ある。前者の講座は、土日の週2日間の講座らしいので、自分としては『ラジオ英会話』+『攻略!英語リスニング』か『入門ビジネス英語』+『攻略!英語リスニング』のどちらかのパターンで学習することになると思う。テレビ講座では『まるごと体感!ハワイアン・ロハス「3ヶ月トピック英会話」』という番組もなんだか気になる。

⇒来年度のNHK英語語学講座に関する詳細は、こちらから。



◆英検1級対策として
2月に入り体調が悪く英語学習がまともにできていない。先週末に体調を崩し、医者に診断してもらったところ「急性胃腸炎」と診断され今週の火曜日まで自宅療養していた。当然、英語学習どころではなかったこともあり、学習計画が大幅に遅れている。故に、英検準1級の2次試験は受検しないでその分翻訳の学習(通信講座)に時間を費やそうと思っている。

英検1級対策としては、手始めに『7日間完成 英検1級予想問題ドリル』を購入してみた。この本は本番よりも少し易しめらしく、解説もあまり詳しくないが、来年度の過去問が発売されるまではこの本で学習してみたい。この他には、『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』(ベレ出版)や『英検1級英作文 予想問題 』(テソーラスハウス出版部)などの本の購入も考えている。



人気ブログランキングへ

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ラジオ英会話 | 20:30:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
ラジオ英会話(9/27~10/8)
9/27~10/8放送分の『ラジオ英会話』の中から簡単な単語しか使われていないのにU39がイザというとき「スラスラと口から出てこないよな」と思う表現をピックアップ。

-Well, what have I got to lose?
-It's nothing, really.
-Cody, how many raffle tickets do you need to sell to reach you quota?
-I feel like I'm fighting a losing battle.
-Now, that's a thought.
-What's that all about?
-bronchitis
-pneumonia


-I lost track of time.
-We'd better get a move on.
-You might hit the jackpot.
-You lost me.
※比較的カジュアルな表現だと思うが、このような簡単な言い回しでもなかなか口から出てこない。
-You're pulling my leg!
-Here's the title to the truck.
※titleに「権利書」という意味があるのを今回初めて知った。
-That's spectacular.
-I'm feeling pretty low right now.
-Not so bad. It could have been worse.
-What's done is done. (Let bygones be bygones.)
-I wouldn't miss it for the world.


このようにして見ると、なかなか口から出てこない表現がたくさんありますね。ラジオ英会話、勉強になります。

(参 考)
NHKのラジオ英会話の内容について・・・・ (OKWaveより)



人気ブログランキングへ

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ラジオ英会話 | 19:10:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
ラジオ英会話(9/13~9/17)とAERA English
■ラジオ英会話
9/13~9/17放送分の『ラジオ英会話』の中から簡単な単語しか使われていないのにU39がイザというとき「スラスラと口から出てこないよな」と思う表現をピックアップ。

-I'm so happy for you !
-We're looking at March.
-Mum's the word !

-Pinch me, I must be dreaming !
-(You) Nailed it !
-Way to go !
-I can't say no to that !

-It means a lot to me.
-Here's little something for you.
-It was a challenge, but I loved every minute of it.
-It was a bit rough.

-Well put !

-You got all the attention !

ラジオ講座は時間があるときは同じ番組を2回聴くようにしている。
1回目は、通常通り、テキストを見ながら聞く。2回聴く時間がある時には、テキストは一切に見ないで聴いているが、テキストを見ないで番組を聴いた方が記憶に残り、新たな発見があったりする。

また、ラジオ英会話 のコミュニティなどを探していたらラジオ英会話をフル活用するためのメルマガの存在を知った。これからも自身の英語学習にラジオ講座をうまく活用していきたい。

自身のライフワークとして今後30~40年?も続く英語学習を想定すると、TOEICの点数だけを追い求めるような英語学習だけでなく、上記のような簡単な単語からなる表現を自在に使いこなせるようにならなければ。

TOEICは「英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト」と謳っているが、TOEICで測定できるのはごく一部の英語力であり、例えTOEICで満点を取得しても、「自分は英語ができる」とか「自分は英語によるコミュニケーション能力がある」などとバカな思い違いをしないよう気をつけようと思う。



■AERA English

 昨日(9/22)、TOEIC関連の記事が出ていたのでAERA English11月号を読んでみたが、個人的には、来月号の特集の方が気になった。また、AERA Englishに掲載されていた「イクフン先生」のメルマガを一応申し込んでみた。ちと、どのような内容なのか楽しみ!

AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2010年 11月号 [雑誌]AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2010年 11月号 [雑誌]
(2010/09/22)
不明

商品詳細を見る




人気ブログランキングへ

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

ラジオ英会話 | 12:52:41 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。