■プロフィール

U39(ゆーさく)

Author:U39(ゆーさく)
[About me]
・横浜生まれ
・天秤座のA型
・183cm / 72kg
・横浜で働く翻訳者

[2015年の予定]
・2015年も、自分史上最高のイタリア語力・英語力を身につける。

[近況]
・アメリア会員
・イタリア文化会館(東京)でイタリア語学習中

[キャリアアップ名言]
・その日、その日が1年の最善の日である。
・失敗をおそれることよりも、むしろ失敗をおそれるがために挑戦しないことをおそれるべきだ。
・奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない。
・一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■最新トラックバック

■カテゴリ
■FC2カウンター

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
来週のTOEICはゆめおおおか
◆来週のTOEICはゆめおおおか
来週のTOEICの試験会場は、横浜上大岡にあるウィリング横浜(ゆめおおかオフィスタワー)という所。初めての会場。10月は受験者が少ないためか、横須賀、三浦、逗子、葉山や横浜南部に住む受験者がこの試験会場に集められたのだろうか。

TOEICを受験するのは久しぶりで本番まで1週間を切ったが、特にTOEIC対策はしていない。最近のTOEICは難化してきているし、きちんとした対策無しに高得点をとるのは難しいのは承知している。当然、TOEICで高得点をとるにはきちんとした対策をしなければならないだろう。

だが、先週から始まった通訳学校の予習や復習、翻訳の通信講座やその他の学習もあるので、特にTOEIC対策というものはしない(余裕も無い)。また、もともと模試をきちんとやるようなタイプでもない。ただ、花田先生は、「TOEICを2時間集中して受けるだけでも英語運用能力・集中力・情報検索力、時間管理能力などが鍛えられます!」と述べている。

今年に入って、自身の中では「TOEIC離れ」が進んでいるが、とにかく本番の2時間だけは集中したい。



◆アメリア定例トライアルとDHC翻訳コンテスト
アメリアの会員になったこともあって、早速、10月の定例トライアル<実務・テクニカル>の課題を翻訳して応募してみた。課題文はそれほど難解ではなかったが、簡潔で読みやすい日本語にまとめるのは容易ではなかった。今回初めてトライアルに応募してみて、トライアルというのはどういうものなのか経験できたのは一歩前進。今後も定期的にトライアルに挑戦し、数年後には「クラウン会員」になってみたい。ちなみに、評価はAA、A、B、C、D、Eの6段階のとのこと。おそらく私はDかEの評価ではないだろうか。初めての挑戦なので私はそれでも満足。応募回数を重ねるごとに少しずつ良い評価が得られればよいと思っている。

また、DHCでは現在「実務翻訳コンテスト」を開催している。課題文は、『ジャパンタイムズ』に掲載されたイベントの紹介記事。難しい記事でないが、「新聞記事ならでは」のシンプルで明快な日本語で翻訳するのは簡単ではない。私はすでに訳し終えたが、締め切りが12月9日(金)なので、未だ応募しないで、しばらく寝かせておくつもり。来月なったら再度自分の訳文を見直し応募しようと思う。それにしてもDHCの翻訳コンテストは他の翻訳コンテストと比べて賞金の額が大きいように思える。まぁ、それだけ応募者のレベルも高いのだろう。たとえ入賞しなくても、こういうコンテストには積極的に挑戦し、応募することが大切だ。



◆ザ・デイリー・ヨミウリが1ヶ月間無料
先週から始まった通訳学校で「THE DAILY YOMIURI」の1ヶ月無料試読キャンペーンを実施している。1ヶ月間もTHE DAILY YOMIURIが無料で読めるなんてお得だ!早速申込をしてみようと思う。ただ、毎日読むのは正直きつい。。。(汗)



◆湘南江ノ島のデートスポット
恋人の丘(通称)
恋人の丘と呼ばれる展望スポット。
龍恋の鐘」をカップルでならせば恋は終わらないという伝説あります。
龍恋の鐘の周りには南京錠が無数に、、恋人達が名前を書いて永遠の愛を誓うという有名な湘南のデートスポットです。

また、この時期、江ノ島の夕暮れはとてもキレイ♪



◆長渕剛 ―しあわせになろうよ―


Yちゃん、二人で手をつなぎ、しあわになろう~よ♪



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

学習記録 | 20:29:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
英文読解の素材として
クリスマス・イブはU39にとって、小さないい事、1つ、中くらいのいい事、1つ、そして、大きないい事、1つがあった。1日に大中小の3つものいいことが、それもイブの日に起こるなんて何たる偶然の一致だろう。


さて、英語学習の方であるが、最近、英文を読む訓練を怠っていたため、読んでいて知的好奇心がくすぐられ、かつ、内容が難しくない素材がないかと手元の教材を探してみた。頭の訓練として選んだのは「英検準1級の過去問」と「大学入試センター試験対策用の問題集」の2つ。TOEIC Part7対策用に購入したはずのイクフン本は面白みがない為、積読してある。

20101226_01.jpg

センター試験用のこの問題集は2年前に購入したのだが、全然手をつけていなかった。センター入試の問題には、グラフやイラストが出てきたりとなかなか頭の体操にもなり、ある意味新鮮。個人的には、例えば、上智大学の入試問題には英字新聞からも出題されるらしいので、大学別の入試問題を編集した『上智大の英語』などは読解力の養成にもよい素材となるのではないかと思う。

大学入試用の問題集を解いていて思うのは、解説がTOEICの問題集と比較にならないほど詳しいということ。おまけに、駿台のこの問題集には、「直前チェック総整理」として、センター試験の発音問題として出題された語が掲載されていたり、口語表現や語彙・語法なども掲載されていたりと、とても「受験生想い」の教材になっているなと感じる。

一方、TOEICの問題集の解説には、例えば次のような感じのものがある。「解答は(B)です。ACDでは意味が通りません。普段から英文を読み慣れている人ならすぐわかります。高得点を狙う人はビジネス関連の英文を読むよう心がけましょう」っていう具合。もし、大学入試用の問題集にこんな解説しか記載されていなかったら、受験生はきっと怒るであろうし、また、そんな問題集はきっと受検の世界では淘汰されるだろう。

来年は、TOEIC用の問題集でも学習者の立場に立った本が少しでも多く発売されることを期待するのは私だけであろうか。。。


年末年始は、、、
やさしい英語でReadingの向上を目指すための教材として定評のある『Reading Power2』 を読んで過ごそうと思う。

Reading Power 2 (4th Edition) (Reading Power (Pearson))Reading Power 2 (4th Edition) (Reading Power (Pearson))
(2009/09/12)
Linda Jeffries、Beatrice S. Mikulecky 他

商品詳細を見る




■実務翻訳
引き続き、DHCの実務翻訳ベーシックコースで学習中。今月でTEXT1が終了する予定。

20101226_02.jpg



人気ブログランキングへ



テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

学習記録 | 20:16:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
第157回TOEICを振り返って
第157回TOEICから1週間が経過したが、なんだか試験で間違えた箇所に関して悔しさが出てきた。先週のTOEIC(4GIC19)は、難しかったという意見多いようだが、当然ながら990点を連発しているようなきちんとした英語力のある人にとってはそれほど難しいわけではく、やはり当然ながら出来たようだ。今後もPart7で回答を導くためにかなり読ませるような問題が出題され続けていくと思うが、しっかりとした読解力があれば十分対応できると思う。自分の場合は、読んではいるのであるが、きちんと読めていないために間違えてしまった問題があった。要は、英語力が無いということ。

本日10月のTOEICの申し込みを済ませた。短期間でゆるぎない読解力は身につかないだろうが、出来るだけ毎日、読解力を伸ばす練習をしていきたい。


<今後の予定>
・第158回TOEIC受験 (10月31日)

・2010年第3回 英検 受験(2011年1月23日)
※すでに取得済みの「準1級」を再度受験する予定。来年度の第2回で英検1級を受験する予定であるのでそのための基礎力養成として準1級を再度受験しようと考えている。本来なら来月受験する予定であったが、都合により受験できそうもないため来年に延期を決めた。ただ、基礎が大事としてもいつまでも「準1級レベル」の問題を解いていても仕方がないので、年末からは「1級レベル」の問題にも着手する予定。



■噂の『本番攻略10回模試』
100920_01.jpg

韓国で一定の評価がある模試なのでそれ程本番のレベルとかけ離れていそうな感じはない。少なくとも日本で隔月で発売されている某TOEIC模試の雑誌よりは質が良いように思えた。

ただ、この本、「訳」はあるのだが、問題の「解説」が無い。模試10回分で2,000円程度だから仕方がないけど。模試1回分が200円。私は購入する予定はないが、本番前に大量に問題を解きたい人にとっては、この本は良いのではないだろうか。



人気ブログランキングへ

テーマ:【TOEIC】 - ジャンル:学問・文化・芸術

学習記録 | 17:48:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
来週は第157回TOEIC
今週末は、ラジオ英会話の予習・復習、Dairy Yomiuriの翻訳コーナーに応募するための翻訳作品の仕上げ、ビジネス英会話本の復習、そして、来週に迫ったTOEICに向けての学習をした。ほとんどリーディング対策でリスニングの学習量は少ない。

【今回のTOEIC対策に使用している教材】
・『新公式問題集Vol.2-Vol.4』
※やはりTOEIC対策としてこれほどの教材はない。もうすでに10回以上繰り返しているが、Part7などでは、久しぶりに解いてみると新たな発見がある。公式問題集の問題は本当によく練られているなと感じる。リスニング対策としては、Part4の文章をオーバーラッピングやシャドーイングしている程度。

・『総合対策特急正解ルール55』/『総合模試特急』
※リーディングを中心に解いているが、Part7の問題を繰り返している。この2つの模試を横断的に解いてみると双方に似たような問題が掲載されていることに気づく。

・『千本ノック1-3』と『緑本』
※あまり詳細なコメントは敢えてしないが、掲載されている英文が冗長というか、違和感を覚えるというか、なんか不自然さを感じることがあるのは「私だけ」だろうか?解説もあっさり過ぎるし・・・。この本を名著という人もいるが・・・。

・『単語特急』と『文法特急』
※千本ノックに掲載されている英文と違い、掲載されている英文に違和感がない。文法特急は解説が非常に優れている。この本の唯一の欠点は問題数がやや少ないということぐらい。9/17には、第2弾が発売されるようなのでどのような問題が掲載されるかが楽しみ。単語特急は、繰り返し繰り返すほどそのクオリティーの高さが分かる。

・『Beyond990 超上級問題+プロの極意』

リスニングでは、Part1とPart2を、リーディングではすべてを数回解いた。Part1の[is beingとhas been]の違いを聴き分ける問題は難しい。

・その他、「グルグル勉強」法で過去に間違えた箇所の見直し


TOEICで1100点取れるだけの英語力があればTOEIC対策などしないのだが、TOEICでは測定できないほどの「力」が無い以上、多少なりともTOEIC用の学習をするしかない。オリンピックまであと2年であり、それまでにTOEICでは測定できないほどの英語力を身につけられるだろうか?そのためには、ワンランク・ツーランク上を意識して学習をしないといけないのだが、努力がぜんぜん足りていない。

残り数日なので出来ることは多くないが、出来る範囲内でベストをつくしかない。



ハワイ旅行のつづき、
■サンディビーチ
20100905_01.jpg
※冬は展望台からクジラが見えるそうだ。


20100905_02.jpg

* * * * * * *


2010090a_03a.jpg

20100905_04a.jpg

* * * * * * *

■ワイキキビーチ
20100905_05a.jpg
※ハワイの英雄デューク・カハナモクの像。像にはレイが捧げられている。

20100905_06a.jpg

* * * * * * *

■アロハタワー
20100905_07a.jpg
※タワーへと続くヤシの並木道

20100905_08a.jpg
※アロハタワーからの眺め。ホノルル湾を一望。

20100905_09a.jpg

20100905_10a.jpg

* * * * * * *

■イオラニ宮殿とカメハメ大王像
20100905_11a.jpg
※史跡・名跡が集まるダウンタウン。ハワイのシンボル、カメハメハ大王像の正面に建つ「イオラニ宮殿」は、アメリカに存在する唯一の宮殿。ハワイ王朝の栄華と悲劇を偲ぶ。イオラニとは「天国の鷹」という意味らしい。


20100905_12a.jpg
※カメハメハ大王像は、本土にある像を数えると全部で4体?もあるらしい。

* * * * * * *

20100905_13a.jpg
※このマンションいまだかつて入居率が6割を超えたことがないらしい。価格は数億円するそうだ。



人気ブログランキングへ

テーマ:【TOEIC】 - ジャンル:学問・文化・芸術

学習記録 | 19:05:58 | トラックバック(0) | コメント(2)
週末の英語学習
今週末は、先日購入した『総合対策 特急 正解ルール55』の「正解ルール55&知って得する頻出パターン」のみをやってみたが、特に目新しいと感じたものは無かった。この本では、サンプル問題のすぐ下に正解が記載されているので、その正解が見えないように(見ないように)しながら問題を解かなければならないのは、少し使いづらいと感じた。

また、P24のSample2-1に選択肢(B)と(C)が入れ違っているという誤植があったのには、少しガッカリだが、「知って得する頻出パターン」や「実践模試」は、まだ未着手なので来週の土日に各1時間ずつ学習時間を取って、引き続きこの本を読み進めていきたい。

そして、この週末は、この秋に2度目の合格を目指して受験する英検準1級の学習をした。今月のテーマは、「リスニングのPart1」だ。毎月テーマを掲げて少しずつ学習を進めて、この秋には英検準1級の2度目の合格を果すつもり。そして、来年の英検1級受験に向けて弾みをつけたい。

その他の学習では、今月から聴き始めた「NHKラジオ英会話」の復習や資格試験対策とは関係の無い「より実践的な英語力」を身につけるべく「アウトプット」の学習などを行った。今後の英語学習としては、資格試験用の学習と資格試験とは関係の学習を平行しながら行っていこうと思う。資格試験は、あくまでも「英語学習のペースメーカー」としてうまく活用できればと考えている。

おそらく、来週の週末もこのようなスタイルの英語学習になると思う。



少しずつだが、本田健さんの『大好きなことをしてお金持ちになる』を読み始めた。自分が「大好きなこと」は何であろうか、と考え込んでしまった。

大好きなことをしてお金持ちになる(あなたの才能をお金に変える6つのステップ) (Forest 2545 Shinsyo)大好きなことをしてお金持ちになる(あなたの才能をお金に変える6つのステップ) (Forest 2545 Shinsyo)
(2009/11/27)
本田健

商品詳細を見る




人気ブログランキングへ


テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

学習記録 | 19:17:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。