■プロフィール

U39(ゆーさく)

Author:U39(ゆーさく)
[About me]
・横浜生まれ
・天秤座のA型
・183cm / 72kg
・横浜で働く翻訳者

[2015年の予定]
・2015年も、自分史上最高のイタリア語力・英語力を身につける。

[近況]
・アメリア会員
・イタリア文化会館(東京)でイタリア語学習中

[キャリアアップ名言]
・その日、その日が1年の最善の日である。
・失敗をおそれることよりも、むしろ失敗をおそれるがために挑戦しないことをおそれるべきだ。
・奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない。
・一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■最新トラックバック

■カテゴリ
■FC2カウンター

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「DHC」の次は、「フェロー・アカデミー」!
・「人はなかなか伸びないと、もがいている時に最も多くを学んでいます。」
・「英和辞典の訳語はあくまでも典型的なものだけを掲載しているため、実際の翻訳で適用できる生きた訳語は異なるということを知っておくことが大切です。」
・「実務翻訳では特殊な才能を必要としません。学習年数や実務経験に比例して翻訳力は必ず伸びるものです。」
・「実務経験5年の翻訳者さんと実務経験10年の翻訳者さんでも、表現の質において全く違います。実務経験15年を越えるあたりから、普通人が気づかないような訳出上のポイントが明確にみえてくるようです。」
・「実務翻訳は一生が勉強です。」



今年1月から受講してきたDHCの通信講座「実務翻訳ベーシックコース」は、課題をすべて提出し終えた。この講座の特徴は英文法をベースに実務翻訳のテクニックを体系的に学ぶというもので、テキストでは「品詞を転換して訳すテクニック」、「不定冠詞の条件的用法」、「態の変換」、「直訳・意訳・対応表現」、「和文和訳のテクニック」など実務翻訳に役立つ基礎テクニックを学ぶことが出来た。

最初の方は簡単な内容だったが、さすがに最後の方になると内容も少し高度になってきた。詳しくは紹介できないが、例えば、以下のような記事を「和文英訳」するというような内容。

ますます小型化とシンプル化が進む光チップ
小型化とシンプル化を図ったICパッケージ内により多くの回路を収納しようという試みを行ってきた結果、光の周波数で大半の信号処理を行う光チップが登場した。今日の光チップは、電気信号と光信号で信号を変換する目的で開発されている。こうした光チップは、できるがぎり光の周波数で大半の処理を行うことによって、回路のシンプル化を図ることができる。たとえば、・・・・
                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・、従来のエレクトロニクス部品では得られなかった超高速計算を低コストで実現することになるだろう。



この講座も3月で修了したので、引き続き、DHCの別講座を受講しようかとも思ったが、とりあえず他のスクールの通信講座パンフレットを取り寄せてみた。

□サン・フレアアカデミー



□フェロー・アカデミー



いろいろ思案した結果、4月からはフェローの通信講座を受講することに決めた。新年度からは業務で「製品サービルマニュアル」や「機能仕様書」の翻訳関係の仕事も発生してくると思われるので、本当はもう少し実践的な講座(IT・通信)を受講したいのだが、はやる気持ちを抑え、基礎講座からステップアップしていくことにした。独学でも翻訳の学習はある程度まではできるだろうが、そうすると基本的な部分の取りこぼしをしてしまう可能性が高い。また、自分では気づかずに和製英語を書いてしまっているおそれもあるため、「翻訳」はスクールや通信講座で学習した方が進歩が早いように思える。

DHCは課題提出が月一回であったが、フェロー・アカデミーの方は月二回の課題提出なのでペースがつかみやすいと思う。翻訳に精進する2011年の自身の学習スケジュールは次のように決まった。



<翻訳学習スケジュール>
◇2011年
・1月~3月
実務翻訳ベーシックコース(IT・コンピュータ)(執筆・監修:佐藤洋一先生/DHC)←修了
・4月~9月末
実務翻訳ベータ(執筆:吉本秀人先生/フェロー・アカデミー)
・10月~年末 
ベータ応用講座(IT・通信)(執筆・監修:佐藤洋一先生/フェロー・アカデミー)


□■ □■ □■ □■ □■


◇2012年1月からは?
来年の学習予定に関しては、現時点では、以下の3つの選択肢を考えている。

①通信講座のマスターコースを受講
②スクール通学
③トライアルに挑戦してみる

①の通信講座に関しては、フェロー・アカデミーであれば佐藤洋一先生の「IT・テクニカル」マスターコースを受講することになると思う。そうでなければ、サン・フレアの「IT・通信英語科」を受講予定。

②のスクールに通うのであれば週一で通うことになると思うが、できれば横浜にある翻訳スクールでIT関連の翻訳を学習できる講座があればよいのだが。

③に関しては、ダメモトで何回かトライアルを受けてみるというのもよい勉強になると思っている。

いずれにしろ、トライアルを受ける、受けないにかかわらず、今年の秋になったら「アメリア」にも入会してみようと考えている。ただ、アメリアに入会するとどんな特典があるのかまだよく把握できていないが、・・・。

□アメリア




とりあえず、4月からのフェローの通信講座で提出した課題が例え「赤字」がたくさん入って返ってきても「こんなに間違えた」と落ち込むのではく、むしろ、「こんなに教えてもらってありがたい」と思うようにしたい。学習の段階でいくら誤訳・悪訳しても何の実害もないのだから、「攻めの姿勢」でどんどん新しい知識を身につけたい。

さらなる高みへ・・・、より高みへ・・・。

「素直さ」と「謙虚さ」を忘れずに、

前へ、前へ。




人気ブログランキングへ

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

翻訳 | 15:58:38 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
「実務翻訳では特殊な才能を必要としません。学習年数や実務経験に比例して翻訳力は必ず伸びるものです」

最近実務翻訳に挑戦(実務翻訳参考書を借りて、私訳としているだけですが。)して、あまりにできなかったため(パソコン関係の英文でしたが、ITに弱かったのです。)、落ち込んでいましたが、この言葉を聞いて、少し安心しました。

「英和辞典の訳語はあくまでも典型的なものだけを掲載しているため、実際の翻訳で適用できる生きた訳語は異なるということを知っておくことが大切です」
 
実感してます。よく、訳例の単語や表現がかなり流動性と柔軟性を持って記述されているのを見ます。私も、身につけたいです。

 
2011-03-20 日 17:43:11 | URL | princessmia [編集]
princessmiaさん
こんにちは、princessmiaさん。

語学の学習において、一番大事なことは学習を継続することであると思います。ですので、実務翻訳を能力を身に着けるには、途中であきらめずに継続していくことだと思います。結局、それが出来る人が「才能」のある人なのでしょう。

お互い頑張っていきましょう。
2011-03-22 火 21:43:23 | URL | U39 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。