FC2ブログ
 
■プロフィール

U39(ゆーさく)

Author:U39(ゆーさく)
[About me]
・横浜生まれ
・天秤座のA型
・183cm / 72kg
・横浜で働く翻訳者

[2015年の予定]
・2015年も、自分史上最高のイタリア語力・英語力を身につける。

[近況]
・アメリア会員
・イタリア文化会館(東京)でイタリア語学習中

[キャリアアップ名言]
・その日、その日が1年の最善の日である。
・失敗をおそれることよりも、むしろ失敗をおそれるがために挑戦しないことをおそれるべきだ。
・奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない。
・一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

■カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■最新トラックバック

■カテゴリ
■FC2カウンター

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あなたの挑戦をお待ちしています
◆あなたの挑戦をお待ちしています from DHC

DHCから『第19回DHC翻訳新人賞』開催のお知らせが届いた。



課題文や応募要項などは今月下旬に発表されるようだ。しかし、このコンテストは出版翻訳分野であり、私は「実務翻訳」の学習をしているので、このコンテストに応募するつもりはない。このコンテストはより優秀な翻訳家を発掘する目的で開催されているようで、最優秀賞は、賞金100万円とのこと。最大規模の翻訳コンテストだ。きっとすごい方々が応募されるにちがいない。

ちなみに、出題・監修者は翻訳家でポリグロット外国語研究所代表の猪浦 道夫先生とのこと。『語学で身を立てる』という本の著者でもある方だ。

課題文くらいは見てみたいが、今の私にとっては3月で終了したDHCの講座の添削課題を再度復習することの方が重要。何度も復習して、翻訳のテクニックがいつでも「使える知識」として身につけておかないと。



◆フェローアカデミーの講座

フェローの通信講座の答案が返ってきた。この講座も残り1ヶ月半(3回)。その後は、いよいよ、「経済」「IT・通信」「メディカル」などのジャンルを絞った専門講座がはじまる。





◆奇跡の郵便配達員

今ネットで話題のTOEIC980点達成の郵便配達員(51歳)の方の話って、中村澄子さんの緑本のコラムで取り上げられていた方だと思うのだが。その方は2007年の11月に受けたTOEICで980点を達成したという話。なんで今頃話題になっているのだろう?同様のことを中村澄子さんもTwitter上で述べていた。

とにかく、語学は、何歳になったってやればできるんですね!やはり、続けることが大切なんでしょうね。2、3年なら誰でもできるけど、5年や10年という長期的スパンで考えている人は多くはないと思う。継続できることが一つの才能なのかもしれない。あきらめずに続けることの大切さをあの竹岡広信先生も次のように述べている。

英語は言語、なんぼでも伸びます!
・・・中学でダメなら高校で、高校でダメなら大学でがんばったらよろし。大学でダメなら大学院で、それがだめなら30代、40代がある。英語はなんぼでも、伸びます

※AERA English 2008年2月号「今からでも遅くない!大人のためのくじけない勉強法」より

やはり、少しずつでも続けることが、英語力アップに不可欠なのでしょうね。



◆博多|料亭 稚加榮 

今回の旅行中、ランチに「博多|料亭 稚加榮」へ行った。場所は、地下鉄空港線赤坂駅から徒歩4分、福岡市中央区大名にある。外観の趣からは老舗の料亭の雰囲気で、行列ができほどの混雑ぶりだった。



午前11時から午後2時まで、一階生簀カウンターで、限定500食の「和定食」と「蕎麦定食」が食せる。真ん中にある生け簀を囲む形でカウンター席がずらりと並んでいて、その周りには座敷があった。



私は「和定食」を選んでみた。刺身、さんまの明太子、天ぷら、煮物、カニのみそ汁、茶碗蒸し、漬物、これで一人1,360円は安い。しかも旨い。この質・量でこの金額なら十分満足だ。





店内の生簀の感じも、最高!敷居も決して高くない。仲居さんの段取りもよくうまく回っている。私達が来たのは12時前だったが、平日なのに次から次へと客が入ってきた。すごい人気店だ。なんとアノ志村けんさんも、常連だとか・・・



稚加榮の辛子明太子は有名?なのだろうか。なんかチューブに入ったものがテーブルに置いてあったけど、これって食べ放題だったの? また、ご飯のお代わりもできたらしい(知らなった(泣))。


次回博多に来た時もこの料亭に来てみたい♪今度は夜来てみたいが、夜はさすがに高そうだ。

ご馳走様でした!



人気ブログランキングへ


テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 20:31:13 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
こんにちは。
稚加栄は人気のお店です。志村けんさんが常連とは知りませんでしたが。
明太子はテレビで何度も取り上げられているし、美味しいですよ。
贈答用にもいいのでよく買います。
夜はそれなりのお値段しますが、東京と比べると安いと思いますよ。
隣の新館には個室もありますが、生簀のある1階の座敷のほうが雰囲気よくて好きです。

読解特急3が出るんですか!
それは楽しみです。
今まで特急シリーズとリアル模試と公式だけでやってきましたが勉強量が足りてない気がするのでイクフン本を買ってみました。評判良さそうだったので。でもU39さんが仰るように少しレベル高いようですし、出題もちょっとずれたとこがありますね。
今手持ちの本のパート7は内容も答えも覚えてしまってるので、しばらくは読む練習と思ってイクフン本をやってみて、覚えた答えを忘れた頃またリアルや特急に戻ってみます。
2011-08-07 日 10:41:41 | URL | マーズ [編集]
稚加栄は人気店でしたか
おっ、さすがマーズさん。稚加栄をご存知でしたか。やはり人気のお店だったのですね。

明太子は確かに美味しかったです。テレビなどでも取り上げられるほどだったとは知りませんでした。新館の方は入らなかったのですが、この生簀を囲みながらの食事はやはり雰囲気がよかったですよ。本当においしかったです。それにしてもこのお店次から次へとお客が来ますね。エントランスではタクシーが次から次へと停まり、お客がドンドン降りて来ましたよ。1日500食限定ということは、毎日500食は出るということですよね。スゴイ!

『読解特急3』は出るそうですよ。1と2とどう違うのかまだ分かりませんが、他の「特急シリーズ」と一緒に3冊まとめて発売となるようです。

それと佐賀県にアウトレットってあるんですね。佐賀県ってこちらではあまりイメージが沸かなくて。。。今回の旅行では行きませんでしたがマリノアシティ福岡ってありますよね?あそこも確かアウトレットモールだったと思いましたが、マリノアシティのとはまた違うのでしょうか?横浜にもアウトレットパーク横浜ベイサイドがあり、私もたま~に行きますが、最近はあまり流行っていないようです。
2011-08-07 日 20:38:36 | URL | U39 [編集]
いつも様々参考になります。DHCとフェローアカデミーの講座を検討しているのですが、なさってみてどちらがよかったもしくはスキルが上がったと体感したことはありますでしょうか。どちらも経験されているので、もしよろしければアドバイスをいただけると幸いです。
2011-08-13 土 13:01:32 | URL | グレース [編集]
グレースさん
グレースさん。こんにちは。
私が受講しているは、DHCとフェローアカデミーの実務翻訳の基礎講座です。結論から言えば、どちらの講座も受講してよかったと思っています。

DHCの講座の特徴は、英文法をベースとしたテキストにより、実務翻訳のテクニックを体系的に学べる点です。例文を通して、実務翻訳に必要な英文法、ボキャブラリー、翻訳上のポイントなどにも詳しく解説されています。テキストは3冊あり、テキスト1と2は易しいと感じるかもしれません。テキスト3から実務に直結する翻訳テクニックが学べるかと思います。ちなみに、課題提出は3回(3ヶ月)です。

フェローの方は、「動詞」を中心にとりあげて、単語の持つ機能を分類・整理し、英語と日本語の違いを見極めて発想の転換をする、という他にはない独特な手法を用いてテキストが作成されています。毎回のテキストは薄いのですが、内容が濃いため1、2度読んだだけではすべてをマスターすることはできません。こちらは、半月毎に課題をWebで提出する形式で、通常の学習期間は6ヶ月のため、課題は全部で12回分あります。ただ、速修コースもあるようです。

どちらの講座を受講するにせよ、やはり復習をしっかりと行わなければ効果は半減してしまうと思います。
2011-08-14 日 18:18:27 | URL | U39 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。