FC2ブログ
 
■プロフィール

U39(ゆーさく)

Author:U39(ゆーさく)
[About me]
・横浜生まれ
・天秤座のA型
・183cm / 72kg
・横浜で働く翻訳者

[2015年の予定]
・2015年も、自分史上最高のイタリア語力・英語力を身につける。

[近況]
・アメリア会員
・イタリア文化会館(東京)でイタリア語学習中

[キャリアアップ名言]
・その日、その日が1年の最善の日である。
・失敗をおそれることよりも、むしろ失敗をおそれるがために挑戦しないことをおそれるべきだ。
・奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない。
・一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

■カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■最新トラックバック

■カテゴリ
■FC2カウンター

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
修了証書
◇第11回課題



◇第12回課題




*******


先月末でフェローの通信講座「実務翻訳<ベータ>(6ヶ月/12回)」が修了したため、フェローアカデミーの方から「修了証書」が送付されてきた。この講座の特徴は、「動詞」を中心にとりあげて、単語の持つ機能を分類・整理し、英語と日本語の違いを見極めて発想の転換をするという他にはない独特な手法を用いていることだ。おそらくこのようなテキストは他に無いのではないだろうか?

全12回きちんとすべての課題を提出できたし、毎回の平均点では「90点」を超えることができたので、最低ラインはクリアできたのではないかと思っている。

◆修了証書



しかし、「修了証書」なんて所詮紙切れ一枚に過ぎず、これ自体にはなんの価値もない。大事なのは、この講座で学習したことをこれからの学習や実務の中で生かすことが出来るかどうかだ。TOEIC受験力UPトレーナーのヒロ前田氏は、著書『新TOEIC TEST時短特急ミニ模試×5回』の「復習の手順」という章で、「同じような作業を繰り返すことで、ようやく情報が「知識」に変わり、知識が「使える知識」に変わります。」と述べている。このことは翻訳の学習をしていると強く実感する。講座で多くのことを学んだつもりだが、同時に多くのことを忘れてしまっているのも事実。残念ながら私の「脳ミソ」はそれほど賢くはないようだ。やはり定期的に何度もテキストや添削課題を見なして復習する必要がある。実際、今年3月に終えたDHCのテキストを見直ししていても、そのたびに「新たな発見」がある。

学習の成果を左右するのは「復習」だと思う。私にとっての本当の「学び」はこの講座を修了した後に始まるのではないかと感じている。


また、翻訳者ネットワーク「アメリア」にも昨日10/8付で入会した。10/8は私の誕生日なのであえてこの日を選んだのである。



◆観たい映画
◇「セカンド・バージン」




◇「ツレがうつになりまして。」





人気ブログランキングへ

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

翻訳 | 21:51:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。