FC2ブログ
 
■プロフィール

U39(ゆーさく)

Author:U39(ゆーさく)
[About me]
・横浜生まれ
・天秤座のA型
・183cm / 72kg
・横浜で働く翻訳者

[2015年の予定]
・2015年も、自分史上最高のイタリア語力・英語力を身につける。

[近況]
・アメリア会員
・イタリア文化会館(東京)でイタリア語学習中

[キャリアアップ名言]
・その日、その日が1年の最善の日である。
・失敗をおそれることよりも、むしろ失敗をおそれるがために挑戦しないことをおそれるべきだ。
・奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない。
・一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

■カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■最新トラックバック

■カテゴリ
■FC2カウンター

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2014年春季イタリア語検定
3月2日に第38回(2014年春季)実用イタリア語検定4級を受験してきた。会場は、代々木ゼミナール横浜校。



去年10月に5級を受験した時の慶応大学の日吉キャンパスは、教室が暑くて気分が悪かったが、今回は予備校ということもあり快適に受験できた。



イタリア語検定の中では、4級は一番受験者が多いようだ。今回4級の受験者は465人で、合格者が203人。合格率は43.7%。4月からイタリアで生活しているHちゃん、合格おめでとう!



検定を受けると自分の弱点が分かるし、日常使われる表現や語彙なども覚えることができるので検定に向けて勉強することは、自分のような初級者には有益であると思う。今回は、受験対策としては、イタリア文化会館の図書館で過去問を2冊借りて勉強することぐらいしかできなかったが、これによって少しは力が付いたと思う。

イタリア語検定は、毎年10月と3月の年2回の実施。私の今後の予定は、以下の通り。

5級 2013年10月 合格(済み)
4級 2014年3月 合格(済み)
------------------------------------------------------------------------------------
3級 2015年 受験、合格予定
準2級 2016年 受験、合格予定
2級 2017年 受験、合格予定 (2018年は予備)
1級 2019年、2020年、2021年 受験(3回以内で合格予定)

毎年少しずつイタリア語の実力を付けていき、2022年にはPLIDA(B2)の受験を考えている。PLIDAは、イタリア語検定よりももっと実用的なテストだ。

イタリア文化会館では、「欧州評議会設定標準語学習得レベル(CEFR)」に基づき、イタリア文化会館の語学のコースは、以下の全6レベルに分けている。



1クラスが3か月間(10回の授業)であり、私は4月から「A2-1」クラスになったが、まだまだ基礎が不十分。年内にイタリア語の文法を一通り終わらせ、また、ボキャブラリーを増やして基礎力を固めたいと思っている。

私にとってイタリア語は、少し難しいが、イタリア語の学習が進めば進むほど、自分の中の世界が少しずつ広がっていくのを感じる。英語の他に、もう一つの外国語、中国語でも、韓国語でも、スペイン語でも、ハンガリー語でも、何語でもよいから、自分の興味のある国の言語を学習してみると、人生がもっと面白くなるかもしれない。周りには、4か国語できる人も何人かいるので、自分も良い刺激をもらっている。

もちろん、英語がある程度できることが一番大事だけれど。




人気ブログランキングへ

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

イタリア語 | 18:36:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。