■プロフィール

U39(ゆーさく)

Author:U39(ゆーさく)
[About me]
・横浜生まれ
・天秤座のA型
・183cm / 72kg
・横浜で働く翻訳者

[2015年の予定]
・2015年も、自分史上最高のイタリア語力・英語力を身につける。

[近況]
・アメリア会員
・イタリア文化会館(東京)でイタリア語学習中

[キャリアアップ名言]
・その日、その日が1年の最善の日である。
・失敗をおそれることよりも、むしろ失敗をおそれるがために挑戦しないことをおそれるべきだ。
・奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない。
・一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■最新トラックバック

■カテゴリ
■FC2カウンター

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
通訳翻訳ジャーナル
『通訳翻訳ジャーナル2011年夏号』が発売された。

通訳翻訳ジャーナル 2011年 07月号 [雑誌]通訳翻訳ジャーナル 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/05/21)
不明

商品詳細を見る


今回の特集は、「医薬翻訳者を目指す!」。専門性が高く、しかもニーズも高い医学・薬学に関する医薬翻訳者にバックグラウンドがなくても、果たしてなれるのか実例が紹介されている。

確かに、医学・薬学の翻訳は需要も報酬も高く、また、翻訳者も不足しているようだ。ただ、これからプロの翻訳者を志す人間にとっては、参入の余地があるかどうかは気になるところ。日本人にとって医学・薬学の翻訳はハードルが高いが、対応出来れば仕事の幅も広がり、重宝されるだろう。

私の場合は、来年9月末までは「IT・通信分野」の翻訳を学習予定。その次は、「環境」分野の翻訳学習をしていきたいと思っている。数年後に実力が付いてくれば、「バイオ」や「医療機器」といったジャンルの翻訳も学習してみたい気持ちがある。「医療機器」は機械やITの翻訳者がそのノウハウを活かして算入するケースがあるということなので、選択肢のひとつに入れている。医学・薬学の翻訳を学習してみるかどうかは、5~6年後に真剣に考えてみたい。

まず、今の自分にとってやるべきことは、本業の方の翻訳の質を高めること、今年9月末までに実務翻訳の基礎をしっかりマスターすること、そして、来年の9月末まではIT・通信分野の翻訳の学習をしっかりと行うことだ。

◇◆◇◆◇◆◇◆


現在は、フェロー・アカデミーの通信講座で学習中であるが、今後、もしかしたら通学して翻訳の学習をすることもあるかもしれない。そのため、翻訳学校の実態を自分の目で確かめてみたいと思い、来月、「フェロー・アカデミー学校説明会」に参加することにした。実際に生の声を聴いたり、見たりすることで、自分の視野も広がると思うから。



◆お気に入りのボイスアーティスト

私の好きなボイスアーティストは、Carolyn MillerさんとBianca Allenさん。どちらも有名な方であり、誰でもその声を一度は聴いたことがあるはず。

例えば、Carolyn Millerさんは、『総合模試特急』、『総合対策特急』や『BEYOND990』でカナダ英語の音声を担当しているし、NHKの『ラジオ英会話』や『攻略!英語リスニング』でも英文の吹込や校閲を担当している。




Bianca Allenさんも多くの英会話本でナレーターを務めている。



このお二人の声は、私にとっては、特に聴き取りやすいのでお気に入りなのである。



人気ブログランキングへ

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

翻訳 | 19:29:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
修了証
DHC通信講座の修了証が送付されてきた。




プロとしての翻訳レベルを目指すのはこれから。



◆iPad2の広島弁吹き替え動画!

おもしろい!





人気ブログランキングへ

翻訳 | 21:55:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
DHC翻訳通信講座終了
DHCの翻訳通信講座の最後の添削課題が返却されてきた。これでDHCの講座は終了となる。




現在は、フェロー・アカデミーの講座に取り組んでいるが、並行してDHCの講座も再び一からやり直している。

言うまでもなく大事なのは、朱入れで指摘された箇所と解答解説をよく読んで今後の学習に活かすこと。この講座は単なるはじまりに過ぎないのだから。



人気ブログランキングへ

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

翻訳 | 19:28:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
はじめてのTrados
今年度から業務で自社製品の「ユーザーズガイド」などのドキュメント類を翻訳する機会がかなり増えてくる。翻訳といってもすべて「英訳」であり和訳は一切発生しない。ページ数で400、500ページを超えるものもある。そのため、この間、会社で自学として、ちょっと「SDL TRADOS 2007」をさわってみた。

Tradosとは「翻訳ソフト」ではなく、「翻訳支援ツール(翻訳データベース)」。翻訳をすることを目的として開発されてソフトではなく、「翻訳者がその実力をフルに発揮できるように開発されてツール」なのだが、いじってみた感じ正直操作方法がよく理解できない。「Workbench+Word」で自学してみたのだが使い方があまりわからなかった。用語集をMultiTermに入れておくと指定された用語が含まれた原文が出てくると自動的に訳語が表示され便利らしいがその操作方法がよくわからない。Tradosは初心者が利用するのは一般に困難であると言われているのもよくわかる気がした。

このTradosは、価格も高く、使いにくいためプロの翻訳者でも必要性に迫れるまでは使用しないとか、また、使用方法に関して十分な指導を受ける機会がないため、効果的に使用しているプロの翻訳者もあまり多くはないと聴いたことがある

今後、翻訳していく際にTradosを使用するかそれとも他の「翻訳支援ツール」を使用するかはまだ正式には決まっていないが、私個人としてはこの際にTradosというツールの使い方に慣れていきたい。将来的にもTradosが使えればそれだけ有利だ。確かに、およそ10~20ページ程度の翻訳ではTradosは必要ないかもしれないが、数百ページのドキュメントを翻訳する際に、英訳の品質を一定レベル以上に保つためには絶対的にこの翻訳支援ツールは必要。翻訳支援ツールを使用しないと、複数の訳語を数百ページにわたって「統一」することはなかなか難しい。


新年度になったが、今年は仕事でもプライベートでも翻訳の勉強に精進する1年になることは間違いない。

萎縮することなく、前へ、前へ。


□■□■□■


◆CNN EE

『CNN ENGLISH EXPRESS 5月号』では、特集として英検1級のリスニング・スピーキングの攻略法が紹介されている。今後役に立つことが書かれているので購入した。今月号はかなりお得だと思う。だが、自分にとっては、今は「英検」よりも「TC検定」だ。

CNN ENGLISH EXPRESS (イングリッシュ・エクスプレス) 2011年 05月号 [雑誌]CNN ENGLISH EXPRESS (イングリッシュ・エクスプレス) 2011年 05月号 [雑誌]
(2011/04/06)
CNN English Express編

商品詳細を見る



□■□■□■


◆クロックス


最近暖かくなってきたので、今日は、オフィスの室内履きとして『クロックス クロックバンド』を新たに購入した。ホントは、「ネイビー」がよかったんでけど、それだと同僚とかぶるので「ブラック」を選んだ。



これで、暑い時期でも快適に仕事に集中できそう!?



人気ブログランキングへ


テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

翻訳 | 20:25:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
不定冠詞・定冠詞かを常に意識して下さい。
先月提出した翻訳通信講座の第2回目の課題が返却された。うっかりミスなども含めて、細かい部分でいくつか減点されていた。とくに和文英訳の際の冠詞の用法に関して減点があった。



冠詞は、前置詞、助動詞と共に日本人にとっては最も高度(ネイティブにとっては最も基礎的)な項目であるが、あらためて冠詞の学習の重要性を感じた。

ただ、本来は不定冠詞が付かない物質名詞(または抽象名詞)でも具体的な例や種類を表す場合は不定冠詞がつくことがあるなど、冠詞はなかなか厄介であるが、普段英文を読む際にも冠詞の有無などに気をつけながら英文を読むなどして感覚を磨いていくしかないと思っている。また、時間がある時には『ロイヤル英文法』なども読み直したい。


とにかく添削課題で指摘された箇所は復習、復習。
そして、また復習していきたい。



人気ブログランキングへ


翻訳 | 20:48:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。